製菓専門学校の選び方

自分に合った製菓専門学校を見つけよう

このサイトでは製菓専門学校で学ぶことで、どういった知識を得ることができるかを理解することができます。製菓は子供や大人にも愛されるお菓子作りのことで、一般の食事以外にもデザートとして食べられることが多いです。
当然、製菓の調理法やレシピなどをメインに学ぶことができますが、食の安全に貢献する知識まで製菓専門学校で学習することもできます。製菓そのものとその周辺の事柄まで幅広く学べることで、パティシエになるための人間教育を受けることが可能です。

製菓専門学校では製菓以外の知識も学べる?

製菓専門学校では製菓以外の知識も学べる? 製菓専門学校へ入学することは、高校を卒業後に本格的にプロのお菓子作りのパティシエになるために進学する選択肢の一つです。お菓子作りに必要な基本的な事項をまずは学習しておき、その後に店舗などに勤務して修行する形で習得しています。
高校を卒業して、そのまま製菓の店舗で修業する方法も存在しますが、そのハードルは高いため、必要最低限度の知識を製菓専門学校で学習しておくとスムーズに修業が進みます。製菓専門学校では製菓や食に関する知識の他に、関連する栄養学、お菓子作りに必要となるデザインなど芸術的な分野まで学ぶことも可能です。
製菓専門学校が学生の就職先の斡旋にも力を入れていることもあり、卒業して進むべき就職先もしっかり確保できる魅力も存在します。

製菓専門学校の学生が行う「レストラン実習」の評判はどう?

「レストラン実習」の評判はどう? 製菓専門学校は、お菓子作りを専門とする職人パティシエを育成する学校です。製菓専門学校のカリキュラムは、一般的に実践的な内容を中心とした実習と、体系的に理論が学べる講義によって構成されています。
洋菓子の基本を実習形式で学んだり、飲食物を扱う際に欠かせない衛生学、お店の管理や経営方法などを学ぶ店舗経営学など、将来に役立つ様々な技術と知識を得ることができます。プロ意識を高めるために、校内レストランに招待客を招き、自分たちが作ったお菓子を提供するレストラン実習を行っている製菓専門学校も少なくありません。
仕込みや調理だけでなく、食材管理やコスト計算、セッティングや接客まで、レストランを運営する際に必要となる流れを学生たちが全て自分たちの手で行うのが特徴です。本物の店舗経営と同じような緊張感を味わうことで、プロフェッショナルとしての意識やリアルな現場感覚を養うことができます。
製菓専門学校を卒業して、お菓子屋さんやレストランなどに就職した際、現場が求めている実践力を身に着けるのに役立つ授業です。他にも学校によっては、有名店で研修する機会や、海外のパティスリーで海外研修できる機会を用意しているところもあります。

おすすめ製菓専門学校関連リンク

お菓子作りの基礎から実践まで学べる学校です。

製菓専門学校はこちら